HATCHの採用基準は相性が全てです。 採用資料ダウンロード
選択中
絞り込み
閉じる
© 2022 HATCH Inc.
レポート/制作の担い手の“これから”を探る「PRODUCTION MEET-UP」
OPEN FIRM OPEN FIRM
事業のこと

レポート/制作の担い手の“これから”を探る「PRODUCTION MEET-UP」

OPEN FIRMでは、去る10月26日(木)と10月27日(金)にまた新たにイベントが開催、4ヶ月ぶりとなる大きな催しでした。

クリエイティブワーカーに立ちはだかる障壁の数々を乗り越えることを目的とし、今後継続的に展開されるイベント企画『OVER THE WALL』。その第一弾として、実制作を担うプロダクションの在り方をテーマに据えたイベント「PRODUCTION MEET-UP」がこのたび行われたのでした。

コミュニティにとってのメインスタジオであるPavilionを会場に、日中はOPEN FIRMの日常が体験できる機会を提供。また要注目プロダクションカンパニーの概要を伝えるパネル展示等も。18時台からはプロダクションやクライアントの当事者達を迎えてのトークセッション、加えて交流会も開くなど、両日共に充実の二日間。

昼夜を通じ、OPEN FIRMコミュニティの実際の姿についてはもちろん、それが志向するものづくりの在り方や問題意識にまでも、直に触れられる機会となりました。
(当日のプログラム詳細はこちら

第一部は、OPEN FIRMコミュニティの中で過ごす“体験”の時間。感性をくすぐる環境下、デスクワークに励む人がいて、新たな関係を築く人も
何気なく語る理想のこと、関心のあること。その日その時の巡り合わせがやがて協働にも発展
20を越えるプロダクションがパネル展示されたスペース。iPadで気になる過去のワークスやHP等も閲覧できて、ぐるりと回れば見応えも十分
「それなら、実はこんな人がいるんですよ」とコミュニティ内のプロデューサー。人を介し、嬉しい関係性がはじまる予感
第二部・トークセッションにて。初日は分野も様々なプロダクション当事者達による、今後の在るべき姿を探る回。互いの胸中が明らかになる過程で共感を覚えたり、笑い合ったり
対して二日目はクライアント属性のワーカー達が、理想的なプロダクション像や関係性をめぐってトーク。こちらもまた示唆に富んだ話ばかりで、あっという間の小一時間
第三部は交流会。手前から向こうまで、終盤にもなれば会場には大きなつながりの輪が
人知れぬ野心。くすぶる気持ち。意気投合する相手を求めるのは、クリエイターもクライアントも一緒。みんながひとりの“クリエイティブワーカー”です
会場のあらゆる人と交流を重ねて。パネル展示と溢れんばかりの情熱は遠からずきっとコミュニティの誰かの心を揺さぶったはず

プロダクションの在り方を展望するトークセッション。認知の普及とつながりの創出を図ったパネル展示。また体験機会の提供も含め、OPEN FIRMコミュニティのより良い未来が、今回のイベントを通じまた一歩近づいたものと、私達は信じています。

気になる2つのトークセッションの詳細は、また後日OPEN MICコンテンツとして別途記事を作成、公開する運びですので、お楽しみに。シリーズ企画として今後イベント展開を重ねる『OVER THE WALL』にもぜひご注目ください。

この記事の主役
OPEN FIRMの紹介

「つながり」をプロデュースする

OPEN FIRM

所属や肩書きにとらわれることなく、クライアントとクリエイターが肩を並べて協業ができる「つくり手」のための会員制クリエイティブコミュニティ。「BE THE _______ MAKERS.」をコンセプトに、「つくり手」自身の想いを実現させる事を共通目的とし、中目黒Pavilionを拠点したワークスペースの運用、会員限定のオンライメディア、コミュニティがビジネスの窓口となるCreative Jam Sessionの実施など、様々な施策を展開する。

HATCHでは
本気で一緒に向き合える
仲間を探してます